Category Archives: サイズオーダー

シンプルマーメイドドレスの見事なアレンジ

今年7月に軽井沢で挙式、その後シカゴにてフォトロケとパーティーをなさり、

8月に都内でご披露宴をなさいましたSARINA様と旦那様のお写真をご紹介いたします。

 

厳粛な雰囲気の軽井沢高原教会。

石の教会も人気ですが、高原教会のお客さまもKindには絶えずご来店いただいております。

 

フィエルテというマーメイドは、ごくごくシンプル

その上に、同じミカドのノースリーブブラウスを着ています。

ベールはあえて、レースを用いずパイピングにしました。

 

ブラウスを脱ぐとこんな感じ💛💛

 

シカゴで「雨に唄えば?」

マーメイドの町ですよね!

 

 

 

SARINAさま、自然にダンス・ダンス・ダンス♪

 

やっぱり、アメリカはカジュアルなテーブルコーデも手を抜かないな!

 

 

そして8月のパーティーは、夏らしくビスチェで!

お気付きかと思いますが、アイテムはブーケをを基本に変えず、

テーマカラーを変えているだけ・・・。

 

「軽井沢から楽しかったね~」

そりゃそうだ~羨ましい( ;∀;)

3回も着て下さり、本当に嬉しいです!

オーダーウエディングドレスで良かったですね!

 

そして8月にもブラウスを着て下さったようですね!

プレ花嫁のお手本ですね!

シンプルドレスは、素晴らしい!!!

お幸せに💛

 

老舗クラシカルホテルにて和やかに

9月2日は、和装前撮り後に、先日ヘアメイクリハーサルをなさった

MISAKI様の挙式・ご親族の披露宴が行われました。

 

軽井沢万平ホテルは、先日もご紹介したように・・・

日本の3代クラシカルホテルの一つです。

今回も、ヘアメイクスタイリストとカメラマンが軽井沢まで伺いました。

いいな~軽井沢の仕事~!!

 

 

ご新郎さまもヘアメイクとヘアセットを・・

 

 

 

 

 

お仕度後に、館内で撮影です。

Kindは袖有ドレスが多いのですが、ビスチェも沢山ございます。

ドレスは、ブリリアンです。

挙式前に、マリアベールを流して・・・

赤いじゅうたんに映えますね。

 

教会へ出発前に、ホテル裏側のハッピーバレーにて撮影です。

ロケーションがズルい(笑)

 

聖パウロ教会へ出発です。

おめでとうございます!!

ホテルの方がお迎えに・・・

 

 

お色直しの前に1枚!

 

 

色直しは、オーガンジーのミントグリーンドレスに

アートのお花でアレンジしたデザイン

ブーケやヘッドフラワーも一緒です。

 

アットホームな宴席です💛

 

 

この演奏のために、オフショルのお花は外せるよう作りました。

 

ご両親へ有難うございました・・・。

 

ジョンレノンと小野陽子さんもお食事をした・・・メインダイニングにて集合写真。

 

最後は・・・一人で可愛く!!撮っちゃいました!!

さあ、次は、都内のパーティーICONICが待ってマース。

スレンダードレス特集

今回は、スレンダードレスばかりをご紹介いたします。

アレンジもし易く、軽い・・・ヘアスタイルやヘッドアクセも合わせてご覧ください。


 

ジョーゼットのシルエットが美しい、「マシェリー」です。

レストランのウエディングに向いていますが、海外に持ち出しても皺になりにくいので最適です。

 

マシェリーのビスチェバージョンが「ソービニオン」

体をネジっていただくと、マーメイドのようですね。

このドレスに、取り外し式のオフショルダーを付けて、

2WAYにすることも可能です。

オーダードレスは素敵です(笑)

 

イタリアサテンの「モデレーナ」は如何でしょうか?

ジョーゼットと違い、重厚感の有る落ち感が魅力です。

シャンパン系の色味も珍しいですよ。

 

「イタリアのアンティークレースを使用した、「ロッソ」は如何でしょう?

シャンパンカラーの本当に素敵なスレンダードレスです。

前々回ブログでご紹介したMIYUKI様は、このドレスのセミオーダードレスでした。

ヘッドドレスに、同じレースを持ってきました。

 

「ビコーズ」というこのドレスは、エンパイアラインですが、

もったり感がないのが魅力。

ベルトにサテンを使用して、アクセントにしています。

コットンレースもナチュラルで良いですよね。

 

「フォーチュン」もエンパイアライン。

パフスリーブですが、そんなに子供っぽくないですね。

 

さて、勿論全てのドレスは好きなようにカスタマイズ可能で、

ご使用後のリメイクも承ります。

 

ミカド素材はできる限りシンプルに着こなす

8月に入り、秋の滑り込み花嫁さまが沢山ご来店頂きましたので、

何だか忙しく・・・ブログの更新ができておりませんでした。

そんなある日・・・2月に赤坂プリンス クラシックハウスにて挙式披露宴をなさいました

RUMIKO様からお写真が届きましたので、是非ご紹介させていただきたいと思います。

 

ドレスは、「フィエルテ

ミカド素材の超シンプルドレスでございます。

クルミボタンが長ーいトレーンの先端までついていて・・

それなのに何故こんなに華やかなのか・・と、いつも思います。

立写真のために、プランナーさんかヘアメイクさんが、

ベールを綺麗に広げて下さった努力が感じられる1枚!

クラシックホテルには、ミカド素材が抜群に溶け込みますね!!

 

そして、ご披露宴入場!

このタイミングで、バックリボンを付けました。

オプションになりますので、勿論どんなデザインでも大丈夫。

 

リニューアルした赤坂プリンスホテルですが、

この、旧館の佇まいは、特別な雰囲気を持っていますね。

まさに、上質素材のドレスが似合う会場です。

RUMIKO様は、素材とフォルムの美しさを引き立てるため、

ネックレスなどは付けずに、必要最小限のアクセサリーだけになさいました。

 

一番難しいコーディネートを、何気なくする・・まさに、

プレ花嫁達のお手本だと思います。

RUMIKO様、旦那さまお幸せに!

 

アフターマタニティーウエディングあり!

本当に暑い暑い毎日が続いております。

そんな時には・・・海のそばの画像!!

というわけで・・・益々暑くなる画像(笑)のご紹介です。

 

 

鎌倉の某会場は清々しい!

お写真を送ってくださったご新婦は・・・

以前某ウエディング雑誌の敏腕営業女史でございます。

Kindの担当変わってから、どうしてるかなーと思っていたら・・・

なんと!

 

結婚してママになっていた~!!!!!

いきなりLineが来まして、結婚式を挙げるからドレス作りに行っていいですか?

に対する驚きはさておき、ご来店の際「ど、どなたのお子様ですか・・・?」

Babyまで??

最近一番驚かされたお客様でした。

それにしても、営業時代こんな顔して無かったな~(笑)

結婚の業界人らしく、会場・ドレス・ブーケ・フォト・タキシードetc・・・

上手に持ち込みをしての結婚式。

やっぱりこの会場は素敵ですね!

鎌倉です。

業界人は皆シンプル好きですから、

ドレスは「モデレーナ」のセミオーダーをミカドでお作りしました。

 

そして・・・色打掛もお召しになったのですね?

何色が似合うかよくお解りです!

海のそばということも意識してますね!

 

 

ほぼほぼお写真の中に、Babyの写真が満載。

お腹の中のマタニティーウエディングも最近では有り有りですが、

3人で過ごすアフターマタニティーウエディングも、幸せ感が2倍になる気がします。

敏腕女史・・・幸せになって良かった~!

心から思います!!

伝統の有る教会には、袖有ドレスを・・・

暑い暑い毎日となっております。

なので、Kind少し静かな気がいたします。

歩いて居る人たちも少ないのでは・・・?

そんな中、約1年前にご来店頂いたYUUHIさまから頂いたお写真を

紹介させて頂きます。

港区の霊南坂教会からご移動になり・・・

 

横浜のクラシカベイリゾートにてご披露宴をなさいました。

たっぷりとしたミカドのベルラインからチュールが流れるビスチェドレス。

その上からイタリアレースのブラウスを羽織る2WAYドレス、腰高のバッスルなどが

ヨーロッパの貴婦人を思わせるデザインです。

 

いつも申し上げますが、教会と披露宴ではヘアスタイルの高さ、ヘッドドレスを

きちんと分けていらっしゃいますね。

参考になります!

YUUHIさま赤ちゃんお元気ですか?

暑い毎日を乗り越えてください!!

 

 

ヴェネチアを満喫したクラシカルドレス

先ずは、撮影日のエンディングに、

ほろ酔いのお二人が、伝統的なホテルに戻り

まだまだ大好きなマイ・オーダードレスを脱ぎたくなくて・・・

弦楽の生演奏でダンスしてしまいました・・・そんなお写真からのご紹介です。

 

2月に日本で挙式をなさり、ヨーロッパへ新婚旅行に行かれ

せっかくオーダードレスが有るのだからと、

ロケーションフォトを満喫なさったHITOMIさま旦那さま

沢山のお写真、嬉しく、楽しく拝見いたしました。

 

HITOMIさまのオーダードレスは、セミオーダーです。

七分袖の「アニバーサリー」をAラインに変更したデザイン。

絶対にすっきりとしたデザインになるであろうと思っておりましたが・・・

イヤイヤ何の何の、凄いカワ(・∀・)イイ!!

カメラマンは、インターネットで探した現地の方、

奥さまが日本人という・・ラッキーな撮影。

外での撮影の際は、Aラインパニエを入れて歩きやすく

広がりもでるので、華やかになります。

4時間くらいの撮影だったそうですが・・・

ゴンドラは、めちゃくちゃ楽しそう・・・

左のお店に飾ってある、シルクシャンタンのブルーのドレスが凄く素敵!

HITOMIさまのオーダードレスとデザインがそっくりですね、盗まれたか(笑)

このディスプレイがイタリアですね~真似したい!!

浦和水路が無い!!

 

ヘッドドレスもこだわり・・・なんと、ヘアメイクはご自分でなさったとか

町中どこでも撮影ポイントとなるヴェネチア・・ミカドの上質感が溶け込みますね。

 

段々歩き方も余裕です。

オーダーだから丈だってぴったり!

 

madam「あら~Wedding? よかったら一緒に写真撮って良いかしら?」

sposa 「勿論です是非ご一緒に」

madam「綺麗な花嫁ね~私の若いころを思い出すは~笑」

sposa 「光栄です」

madam「それにしても、シンプルで素敵なドレスね~ミラノで作ったの?」

sposa      「いえ、日本の埼玉の浦和です」

madam 「どこ?それ???」

 

みたいな感じでしょうか・・・。失礼致しました。

 

フロントから見ますとAラインなのですが、

バックラインは切り替えを入れてタックが寄るようにお作りしてありますので、

ウエストは細く、ヒップが盛り上がるように見えますよね。

 

そして陽が沈み、パニエを外し、ヘッドドレスも外し・・・

自由にウエディングドレスを着崩しております。

まさに、型に捕らわれない自由な着方のお手本です。

 

 

この方が1日付き合ってくれたカメラマン。

彼のいきつけのカフェらしく、この後もう1件連れてってくださったそう。

お二人はゆっくりと2週間の新婚旅行を楽しみました。

先日、ドレスのクリーニングと一緒に、リメイクのお申し込みにご来店頂きました。

挙式、新婚旅行を一緒に過ごした、オーダーウエディングドレス。

リメイクして頂き、一生大事にしてあげて下さい。

お幸せに!!

 

 

 

伝統の雅叙園にて、クラシカルドレスを着る

黒光りの床が逆さ富士のように花嫁を映し出す

 

心が洗われるような厳粛な佇まい・・・目黒雅叙園

 

あまりにも有名な会場なので・・・名前出しちゃいましょ

 

何年か前に大々的にリニューアルなさり・・・

それ以降親子3代での挙式も珍しくないという・・伝統的な会場です。

 

 

申し遅れました。

 

昨年の11月に挙式をなさいました、AYA様がお写真を送ってくださいました。

 

長袖で、スタンドカラーのクラシカルドレス「アソート

 

お楽しみがたくさん詰まっている雰囲気のドレスだから、そう名付けました。

 

 

バックラインもしなやかに・・・クルミボタンが凛と張り詰めた雰囲気を作り

 

トーク帽が大正ロマンを醸し出します。

広い庭園には、撮影スポットが沢山有り、

 

ドレスの魅力を引き出してくれるロケーションがいっぱいです。

 

AYA様は、今日ドレスをリメイクするために、

相模原のご自宅から浦和までおいでくださいました。

 

レースを染めて、フォーマルドレスへと生まれ変わります。

そのドレスもいつか・・・ご紹介出来れば幸いです。

 

お幸せに!!

 

鎌倉・古民家邸宅・クラシカルドレス 

5月中旬に鎌倉長谷の古民家邸宅にて結婚式と披露宴をなさいました

SAYAKAさまから、お写真を頂きました。

 

たっぷりのグリーンの中、人前式の温かさが伝わります

アンティークな邸宅に差し色のアクセントフラッグがもう・・なんだろう!!

この色使い、盗ませてもらいましょう!

 

デザインのお仕事をしているおしゃれなお二人だけに・・・

 

シンプルクラシカルドレスの代表みたいなミカド素材の「セーラ」をネットで見つけてくださり・・・

横浜からのご来店、恐れ入ります。

ゲストから、「こんなシルエットのドレス見たことない!」と大絶賛だったそう。

 

そんな有り難いコメントにどれだけ励まされるでしょうか・・・私たちは( ;∀;)

 

少しだけ雨も降ったのですが・・・

 

逆に緑が美しく輝き・・・鮮やかなガーデンウエディングとなりました。

ユーカリの入ったクラッチブーケ・・素敵ですね~

 

ネックレスはやめてチョーカーになさったのも流石!

 

意外にどんなシチュエーションにも似合うドレス「セーラ

とっても軽くて動きやすいのに、不思議な重厚感の有るウエディングドレスです。

 

ご結婚後も毎日が楽しそうなお二人ですね!

お写真ありがとうございました。

お幸せに!!

ドレス撮影致しました

 

Kindでお馴染みの、先輩花嫁MARINAさんにご連絡したら

お時間有る時に、モデル撮影につきあってくださるというので・・・

急遽みんな集まれ~的なノリで、きちんと撮影致しました。

 

今回は、「フィナンシェ」という、焼き菓子のようなdressをメインに

撮影です。

本体のドレスはミカドのみ

 

 

オーバーブラウスを着れば・・・

アラ上品!

 

 

そして

アートフラワーのお袖をシンプルなAラインドレス「イマージュ」に装着し、

チュールのオーバースカートを履いて3WAYへ

お花をカラーにして、スカートを同じ色のチュールにしたら・・・

考えただけでも可愛すぎる!!!!!

直ぐ作ろ!

 

どんな風にもなるアートのヘッドドレス

 

ワイヤーで出来ているので、扱いやすく、好きなデザインにすることが可能です。

 

今日はここまで。

 

また、ご紹介いたします。

 

 

ヘアメイク 風見伸子

カメラマン 髙橋美香